記事一覧

祝!上部大会!

先日の葛飾区春季大会はベスト8まで進んだものの、
準々決勝で古豪チームにノーヒットノーランというおまけ付きで完敗しました。

うちはピッチャーを中心としたディフェンスに重きを置いて
チーム作りを進めて来ました。
なので、ノーヒットノーランはやられ過ぎにしても
好投手相手に点を取れなかった事は大きなショックではありません。

ただ、いくら区外にも名を轟かす強力打線が相手であっても
あまりにも見事に打たれ過ぎた事はちょっとショックでした。

ところがこの試合はじめ毎イニングの様にランナーを出し
ピンチを招いても0点に抑えた頑張りの積み重ねが一つの形となりました。

こちらの①を参照してもらいたいのですが、
春季大会のベスト8(最小失点率1チーム)という基準にギリギリで引っかかり
パンダース史上初めて上部大会に出場できる事になりました。

選手たちの頑張りのお陰で、昨年の連盟初メダルに引き続き
今年も歴史を刻むことが出来ました。

小学生の子供たちにとっては恐らくバッティングに比べれば退屈であろう守備練習を
イヤと言うほど繰り返し行ってきた努力が実を結んだ事で、
よく言われている格言
・練習は裏切らない
・上達への近道はあくなく反復練習
こういった事を、今は理解できなくても選手たちが少しでも体感できた事、
それが一番の収穫であったと思います。

先ほどの表を見れば分かるように
葛飾区春季オレンジもまた、
最低でもベスト8に入れば上部大会に出場できるチャンスがあります。

4年生最後のオレンジボール、こちらも力強く勝ち進んでくれる事を期待してます!

#30

ベスト8、、、でもね

葛飾区春季大会でベスト8に進出する事が出来ました。
応援ありがとうございました!

ここまで来ると…
・あと一勝してベスト4になれば、上部大会に出れる
 (仮に次戦に負けても、負けチームから1チームのみ墨東五区に出れますが)
・メダルも貰える
・更に一勝して決勝戦に行けば都大会にも出れる
とかとか、色々言われます。

でも、監督としてはこれまでと同じ一戦必勝の思いです。
冷静に振り返ってみてください。

選手をバカにする訳でも、自チームを卑下する訳でもありませんが、
一回戦だって勝てるとは思っていなかったはずです。
大会に出る以上はどのチームでも優勝の可能性はありますし、
勿論、戦う前から諦めていたなんて、もっての外です。
つまずきは多々あったけど、うちなりに一生懸命練習してきました。

しかし、冷静に戦力を分析すれば一回戦だって負けは覚悟していたはず。
それなのに「ここまで来たら…」なんて論調は完全に足元を見失ってます。

パンダースの誰かがそんな浮かれた事を言っていた訳ではありませんが、
ここは敢えて自分自身への引き締めも含めて、
初心に帰ってもう一度「一戦必勝」と言っておきます。
目の前の一戦を全力で戦い抜くだけです。

なんと、今日のトーチューに葛飾区大会の記事が出ていました。
もちろん、うちの試合には取材には来ていませんでしたが、
次戦の相手やヤングさんなど、過去に都大会で活躍したチームの取材に来てたみたいです。

葛飾区の代表チームは都大会や様々な上部大会でこれまで色々な活躍をしており
レベルの高い区として注目されています。

そんな葛飾区でベスト8に入れた事は意気に感じ、
でもパンダースはまだまだ何も成し遂げていないという事を忘れずに謙虚な気持ちで、
そして一回戦に臨んだ時と同じ挑戦者の気持ちで、
次の準々決勝も力を出し切ってくれる事を楽しみにしています。

結果は自ずと付いて来ます。
自分たちの底力と、これまでにやってきた練習を信じて戦いましょう!

どれだけの関係者がここを見ているか不明ですが、、、
大人の緊張やおかしな雰囲気は子供たちに確実に伝わります。
この試合に勝てたら…とか、取材が来てる…とか、
要らぬ事で大人が普段着を脱ぎ捨てないように!

勝っても負けても一点の後悔も残さぬように
子供・大人、一体となって、いつも通りにやりましょう。
今までやって来た事を実践するだけです。
マグレやファインプレーは要りません!

#30

1回戦突破!

昨秋に続き、区大会1回戦を何とか勝つ事が出来ました。
昨日は応援ありがとうございました!

詳細は憶えていませんが、相手チームには昨年練習試合で負けています。
パンダースもたくさん練習してきましたが、
相手チームも勝利を目指して練習してきた筈です。

チャレンジする立場として、前日である24日は充分な練習をして
万全な状態で試合に臨みたいと思っていました。

ところが、24日はあいにくの雨。
天気予報もコロコロ変わり、オレンジの練習試合も中止にせざるを得ない状態でした。

グラウンドはそうひどくない状態だったので、天候の回復を期待し
昼食をとりながら雨宿りをしていたところ、見事に晴れ間が出てきて
結果、守備練習・打撃練習・ピッチングと充分に練習をやれました。

そして試合当日。
これまでの積み重ねはもちろん、前日の頑張りもあって
何とか試合に勝つ事が出来ました。
しかし、逆転するまでの流れはかなり良くありませんでした。

2点とも内野のエラーで出したランナーを、何の手立ても無しにホームに返してしまう。
ヒットで取られた点数よりも重くのしかかる失点です。

必死に頑張った末に、ミスを犯してしまったのならしょうがないと思います。
ただ、この二つのプレーには必死さは感じられなかった様に思えます。

緊張もあったかも知れませんが、
幸い、これらのミスを挽回する場があります。

次の2回戦は勝ち負けよりもまず、
試合を通じて悔いの残らない精一杯頑張る姿が見られる事を期待しています。
結果はおのずと付いてきます!

#30

夏季区大会

明日は夏季区大会3回戦です。
一回戦が無かったため実感がありませんが、勝てばベスト8となります。

未だ未だな我がチームですし、目立った成績も残せてませんが、最近の試合を見ていると、色々考えて良い野球をやろうと頑張っているのが手に取るように分かります。

もちろん『勝利』という結果を残すのが一番ですが、明日も我々が思わずニヤッとしちゃう様なイカシタ野球をやってくれれば良いと思います。

最近何かと話題の某掲示板にベスト8の予想が書いてありパンダースの名前もありました。
光栄な事ですが、そんなに楽ではないと思っています。
反面、持っている力を出し切ってくれれば明日の勝利どころか優勝も夢ではないと個人的には思っています。

まぁ、まずは明日の試合です。
月並みですが、一試合一試合頑張って、気が付けば結果は付いてきてると思います。。。

偵察、いやいや勉強会

今週土曜日の練習後に、夏季Aチームの子供たちを連れて次戦の相手が決まる試合を見てきます。

偵察が目的ではありませんが、次戦に向けて警戒すべき打者・走者なんかが少しでも分かれば良いかな~と、、

真の目的ですが、、、
この試合のみならず出来ればもっと他チームの試合を見せてあげたいと思っています。

子供達にはとにかく野球を見なさいと言ってますが、プロ野球を見るのと少年野球を見るのとでは、目的が違ってきます。

プロの場合は、プレイ態度は見習うべきではありませんが少しでも技術的に盗めるものがあれば良いし、ルールの勉強にもなります。

少年野球を見る場合には、
・同じ小学生があんなに頑張っている、自分も頑張らないと!
・あの挨拶や声出しはいいな~、真似しよう!
・けん制はあういう風に入った方がアウト取れるかも
とか勉強になったり、逆に
・あのプレイや態度は良くないな、自分も知らずにやってるかも、気を付けよう
とか、同じレベルで見れる事によって練習以外でも上達する事が出来るんじゃないかと思います。

ただ、偵察目的じゃないとなると、本当は午前中に一緒に練習した残りの5年生と4年生も連れて行きたいんですが、指導者が少なく車が足りません…あしからず……

コメント一覧

A監督です (07/02 22:53) 編集・削除

仕事のため車出せない指導者です。
彼らはちゃんと何かを得て来てくれるのかなあ…
オレンジじゃあるまいし、おしゃべりに夢中ってことは、まさかないとは思うけど…

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ










ページの上部へ