記事一覧

番外編

今年は2度の大雪をはじめ、天候不良で休みになる事が多かったです。

とある雨の日に町会で野球教室を開催しましたが、
その時に選手全員に普段疑問に思っている事を質問してもらいました。
野球漬けの人生を送る指導者もいれば、パンダースに加わるまで野球未経験の指導者まで、
子供たちでも分かる言葉を選びながら、熱意を持って回答しました。

その内容をここで公開します。

[選手の質問]
試合を盛り上げる方法は?
[指導者のアドバイス]
・(逆質問)何がダメだと思う?
 →みんなが声を出してくれない
・勝ちたい、という気持ちが足りない
・騒いだ方が良い(ふざける事とは違う)
・ポジションではなく相手の名前を呼ぶ
 (ピッチャー楽に~、ではなく、カンタ楽に~)
・プレイを褒められたら応える
・仲間をけなすのは良くない
・しかし、一生懸命でないプレーは指摘する

[選手の質問]
試合で速い打球を打ちたい
[指導者のアドバイス]
・素振りが何より大事

[選手の質問]
コントロールを良くしたい
[指導者のアドバイス]
・狙った所に投げる意識を強く持つ
・キャッチャーミットを良く見る
・肘から先、手首をうまく使う
・自信を持って投げる(気持ちを強く)
・キャッチボールが何より大事

[選手の質問]
送球を良くしたい
[指導者のアドバイス]
・まずはキャッチボールが大事
・しっかり準備する、周りがどこに投げるか指示を出す
・ランナーが走ったから投げるのではなく、常に走ると思って準備する

[選手の質問]
速い球を投げたい
[指導者のアドバイス]
・腕だけでなく体全体を使う
・工夫する事が大事
・手首を鍛える
・ボールを軽く握る
・走る、喰う、走る

一考…

今回はちょっと横道に逸れてバントに関するお話を。。

少年野球におけるバントという戦術。
意外と否定的な意見が多いです。

その理由を挙げてみると:
・小学生なんだからセコイ事はさせずに思いっきり打たせるべき
・勝つ為だけのバントなんて戦術は中学以降でやれば良い
などなど、色々あると思います。

ご存知の通り、パンダースはバントをやるチームです。
(最近あまり見ないなぁ)

もちろん大会に出る以上は勝ちたい。
だからランナーを安全に進める為に、
また、時にはスクイズで手堅く点を取る為にバントのサインを出します。

でも、勝ちたいだけでバントをやらせてるかと言うと、
それはちょっと違う、と少しだけ意見を言わせて欲しいです。

選手たちには将来長きに渡り野球を続けて欲しい
→そしてやるからには試合に出て欲しい

その為には色々な知識や技術が必要なんだと思います。
もちろん全員が速い球を投げれる、守備も完璧、打てばいつもヒット、
なんて選手であれば良いのですが、そうじゃない選手がたくさんいます。

その子達がレギュラー争いを生き抜く術として早いうちからバントの技術を身につける事、
決して無駄にはならないという長期的な事も考えています。

でも話を戻して、最近パンダースであまりバントを見ない理由。
バントをして、バッターは打てなくて正直つまらない、
ランナーは進めたけど、相手に1アウトをみすみす献上してしまった、
こんなジレンマや無駄をなくすべく、
見ての通り、大事な守備練習と同じ位に、
普段から時間をかけて取り組んでいるのが走塁練習です。

子供達には
「自分で行けると思って積極的に次の塁を狙ったのなら、
 仮にアウトになっても誰も責めないよ」
と教えてます。

バッティングやピッチングに比べて圧倒的に好不調の波がない守備と走塁、
これからもじゃんじゃん練習して
パンダース時代はもちろん、その先の野球人生においても
彼らの強力な武器になってくれるといいな~

※ちなみにバント練習をすればバント守備も上達する
※走塁を磨けば相手の好走塁も阻止できる様になる
※なんて、副産物もあったりします。。。

#30



今年の目標

今年の目標、と言っても特に今年に限った話ではありませんが…

先日の父母総会でもお話ししました様に、
野球チームとして活動する以上、大会で勝つ事は大命題です。
これは監督としての目標と言えるかも知れません。

しかし、一指導者として常に持ち続けている目標があります。
野球選手として、子供として、
以下の事をちゃんと出来る人間になって欲しいと思っています。

練習の流れに沿ってポイントを挙げていきます。
まず、集合場所に到着します。この時に
+ 大きな声でお互いに気分が良くなる様な挨拶をする

荷物や野球道具を置いて練習の準備を始めます。
+ 持ち物をすばやく綺麗に並べる

ベース他、倉庫から道具を運んできます。
場合によっては、グラウンド整備も行います。
+ (グラウンドや道具を使える事の感謝を忘れずに)
 必要な準備は他人任せでなく、自ら率先して実行する

練習が始まれば、指導者から色々な指導があります。
+ 話している相手の目をまっすぐに見て、集中して話を聞く
+ 疑問があればハッキリと質問する
 理解したのなら大きな声で返事をする

一見、楽しいだけのランチタイムですが、、
+ 好き嫌いせずに、バランス良くたくさん食べる

練習も終わりです。
集合した時と逆の事をもう一回実行します。
+ 率先して後片付けを行う
 自分の持ち物を片付けるのは当たり前、他人を押し退けてでも
 備品やチームの道具を片付ける気持ちを持つ
+ 大きな声で挨拶して帰る

以上、少し余計な事も書きましたが、要点を纏めると
◇大きな声で挨拶
◇相手の話を良く聞き、しっかり返事
◇自分の持ち物も共用の道具も整理整頓、迅速に!

最後に、唐突な感じはありますが、
◇仲間に、家族に、グラウンドに、道具に、指導者に、
 野球に必要な全てに感謝の気持ちを忘れない

こんな事は、ご家庭でも学校でも教育されている事だとは思いますが、
野球選手は他の子よりも余計に、こういった事が出来ていないとダメだと思います。

「さすがに野球をやっている子はしっかりしている」
「パンダースの子はしっかりしている」
こう言われないといけません。

そして、何よりも大事なのは、
なぜこれらの事が必要なのか?その理由をしっかりと理解させて
何事も納得ずくで自発的に実行出来る様になる事です。

これらが出来ない子は野球は禁止です!
それ位の意気込みでいきましょう。

さてと…

すっかりここもご無沙汰してますが…

最近はあまり色んな事を考えずに、選手たちと共にただただ精一杯一試合一試合をこなしてるんで、
あまりここに書くようなネタもないんです。。

今週末も梅雨模様ですが、そろそろジャビット杯もやれるかな…

今年のAチームの戦績を纏めると、、

首都圏江戸川大会→2回戦敗退
葛飾区春季大会→3回戦敗退
球友会春季大会→準優勝

球友会は決勝戦に行けたので当たり前としても
その他のトーナメントは、全て優勝チームに負けてるんですねぇ。
優勝チームに負けたから、うちも強かった!なんて事には決してならないのですが、
ちょっとは頑張れたのかな~って気にはなりますね。
(全部1点差負けだし…)
でも、3試合ともうちがリードしてたのに、最後にスルリと勝利を逃してしまいました。
この土壇場での勝負強さは、うちも見習わないといけないな。。
大きな大きな1点差です。

進行中の大会は
葛飾区ジャビット杯→ベスト8
球友会リーグ戦→0勝2敗
友杯→0試合

ジャビット杯はご存じの通り、今週の日曜に勝てればベスト4となります。
球友会リーグ戦も残りを全勝できれば、まだまだ優勝のチャンスはあります。

力強く『全部優勝します!』って言っても良いのですが、
監督の興味は"練習通りにしっかりやれるか"、この一点だけです。

今年の試合を見てると、負け試合の方が内容は満足できた事が多かった気がします。

野球をやってる以上、(例え学童だろうと)勝利を目指して試合に取り組むのは当たり前ですが、
やっぱり内容を重視したいです。
それが、野球選手として将来につながるし。

いずれ、しっかり勝利という結果を伴った上で、『今日はきっちり練習通りに出来たな』っていう試合が出来ると思います。

それを楽しみに、また今週から試合に臨みます。

勝ったらメダルとか、ジャビット本戦出場に近づくとかは気にせずに、
ありきたりですが、"一戦必勝"です!!

目の前の試合に勝つだけ、もっと言えば、きっちり練習通りの事をやるだけです!
結果は自ずと付いてきますよ!

個人的には、以前は試合が近づくとこっそりナーバスなる事もあったのですが、
今は試合が楽しみで楽しみで…
今週はどんな試合を見せてくれるのやら(^O^)

#30

コメント一覧

ベスト4 (06/12 22:37) 編集・削除

ジャビット、ベスト4、おめでとうございます。
見事1点差取りました。
両チームの選手諸君、頑張りましたね。
スタッフが、
試合が楽しみで楽しみでしょうがない、
いい感じですね。
スタッフの気持ちが選手に伝わりましたね。
次も楽しんでください(^O^☆♪

日本人の名前

突然ですが、通勤中の電車内では、音楽を聴きながら野球の指導書を見てるか、チームの戦術や布陣とかを考える事が恒例です。

先日、ひょんな事からかなり横道に逸れてしまったのですが、、

我々の青春の思い出であるボンジョヴィとかヴァンヘイレンってバンド名は、元は個人の名前なのにカッコいい。

山田太郎なんてバンド名はありえないし、桑田バンドは例外だけど山田バンドもイマイチ。

Mr. Childrenはイケてるけど、子供ばんどはしっくりこない。

なんて色々考えてたら、サイ・ヤング賞は重みがあるけど、沢村賞も正力松太郎賞も負けてないな~

レジ―スミス親善大会は憧れるけど、王貞治杯も井端杯も出れる事なら出てみたい。

日本語も悪くないじゃん、って事に気が付きました。

なんでこんなクダラナイ事を考え始めたかというと、、、
来月に球友会主催で開催予定の、オレンジボール大会の実行委員長を奥田が務めています。

大会名はもう決まっているけど、数十年後か死んだ後でも構わないんで、「奥田杯」なんて名前になったら良いな~、なんて妄想がきっかけでした。

失礼しました!

最後にマジメに…

この大会も優勝旗だのメダルだの表彰はありますが、あくまでも本番は春です。
現3年生にとってオレンジ最後になる春季大会の前に、ちょっとでも「公式戦」に慣れて、ここを糧にして本番を迎えてくれれば嬉しいです。

今年もよろしくお願いします

新年おめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

パンダースが休みの間に長男の野球を見に行ってきました。
が、やっぱり見てるだけだとつまらないです。

早くパンダースの練習に参加したくてウズウズしています。
この三週間、長男のチームの練習を見たり、野球の本を読んだり、
色々と頭の中で考えを巡らせたり、、
選手たちに一刻も早く指導したい事、話したい事が山ほどあります。

あまり一気に詰め込んでもしょうがないので、徐々にやっていきます。

あくまでも目標は春ですが、その前の大会でも
この冬の練習の成果が少しでも見られると良いですね。

コメント一覧

ロボコーチ (01/09 21:59) 編集・削除

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

本日、初練習でしたが、昨年の練習納めから2週間強、選手達の動きがどうかなと思っていましたが、初日にしては思ったより動けていたかなと思います。

アップについても、今年度からAチームのバリエーションを増やし手順も変更しました。
(休み期間中、A監督が色々考えていたようです。)
アップに多く時間を割いたことが(初日の)ボール練習での動きにも表れていたようですし、
選手達の体のケアにも通じてくると感じました。

これから寒い日が続きますが、防寒対策をしっかりとお願いいたします。
春に新芽が息吹くように、選手達の結果が出てくるよう、寒いシーズンを一緒にがんばっていきましょう。

今年のドラフト会議

先日行われたドラフト会議、未だ記憶に新しいと思います。

高校生ながらオリックスに2位指名された修徳高校・三ツ俣選手が
葛飾アニマルズの出身なのは、ちょっと有名な話ですが、
千葉ロッテ4位指名の小池選手も実は高砂コンドルの出身です。
(たしかコンドルさんからは二人目のプロ選手…?)

パンダースのある年代の卒団生が「将来の夢」みたいな作文を書いた時に
ほぼ全員がプロ野球選手とかメジャーなんて書いたのを見た事があります。
(6年生にもなって…^o^;)

もしかしたら東大に行くより、現実的に難しいかも知れませんが、
身近な葛飾の学童野球出身のプロ野球選手がいる事を励みに
子供たちにはピュアな夢を持って、野球を続けてもらいたいと思います。

余談ですが、遠く九州の地で活動している私の出身チームからも
久々にプロ野球選手が誕生しました。。

コメント一覧

野球はいいぞー (11/14 20:29) 編集・削除

子供たちの「将来の夢」のお手伝いを少しでもできればいいですね。自分ができなかったピュアな「夢の実現」を子供たちに託し、初心とかわらぬ少年野球を続けて下さい。

somu (11/15 16:49) 編集・削除

コメントありがとうございますm(_ _)m

トリックプレー

有名な新庄選手のトリックプレーです。

相手を騙すちょっとズルいプレーですが、、、

速い球を投げれば良いってもんじゃない…
強い打球を打てば良いってもんじゃない…
難しい打球を飛びついて取れば良いってもんじゃない…

野球の面白さがちょっと分かるプレーです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ










ページの上部へ