記事一覧

今年の目標

今年の目標、と言っても特に今年に限った話ではありませんが…

先日の父母総会でもお話ししました様に、
野球チームとして活動する以上、大会で勝つ事は大命題です。
これは監督としての目標と言えるかも知れません。

しかし、一指導者として常に持ち続けている目標があります。
野球選手として、子供として、
以下の事をちゃんと出来る人間になって欲しいと思っています。

練習の流れに沿ってポイントを挙げていきます。
まず、集合場所に到着します。この時に
+ 大きな声でお互いに気分が良くなる様な挨拶をする

荷物や野球道具を置いて練習の準備を始めます。
+ 持ち物をすばやく綺麗に並べる

ベース他、倉庫から道具を運んできます。
場合によっては、グラウンド整備も行います。
+ (グラウンドや道具を使える事の感謝を忘れずに)
 必要な準備は他人任せでなく、自ら率先して実行する

練習が始まれば、指導者から色々な指導があります。
+ 話している相手の目をまっすぐに見て、集中して話を聞く
+ 疑問があればハッキリと質問する
 理解したのなら大きな声で返事をする

一見、楽しいだけのランチタイムですが、、
+ 好き嫌いせずに、バランス良くたくさん食べる

練習も終わりです。
集合した時と逆の事をもう一回実行します。
+ 率先して後片付けを行う
 自分の持ち物を片付けるのは当たり前、他人を押し退けてでも
 備品やチームの道具を片付ける気持ちを持つ
+ 大きな声で挨拶して帰る

以上、少し余計な事も書きましたが、要点を纏めると
◇大きな声で挨拶
◇相手の話を良く聞き、しっかり返事
◇自分の持ち物も共用の道具も整理整頓、迅速に!

最後に、唐突な感じはありますが、
◇仲間に、家族に、グラウンドに、道具に、指導者に、
 野球に必要な全てに感謝の気持ちを忘れない

こんな事は、ご家庭でも学校でも教育されている事だとは思いますが、
野球選手は他の子よりも余計に、こういった事が出来ていないとダメだと思います。

「さすがに野球をやっている子はしっかりしている」
「パンダースの子はしっかりしている」
こう言われないといけません。

そして、何よりも大事なのは、
なぜこれらの事が必要なのか?その理由をしっかりと理解させて
何事も納得ずくで自発的に実行出来る様になる事です。

これらが出来ない子は野球は禁止です!
それ位の意気込みでいきましょう。

コメント一覧











ページの上部へ