記事一覧

目に見える進歩

最近の練習試合で明らかに3塁盗塁が増えているのに気付いている方はいるでしょうか?

更に先週末の試合では、これまで1塁ランナーが盗塁するのを黙~って見ているしかなかったランナー1・3塁という状況で、
二回もアウトを取る事が出来ました。

毎週毎週、練習をする毎に選手達は一歩一歩着実に進歩しているとは思いますが、
それを測る術はありません。

ただ、こんな形で進歩の跡が目に見える事もある訳で、
こういう事があると選手達も指導者もダイレクトに嬉しくなりますね。

これらのプレイは、もうすぐ巣立っていく6年生達が上ヤンで学んできた事を、
言葉で説明するだけでなく、実際にやって見せてくれたんで
5年生以下が理解し実践するのが早かったんだと思います。

6年生に深謝!

コメント一覧

ロボコーチ (12/02 11:09) 編集・削除

学年が上がるにつれ連打で得点を重なる場面はぐっと少なくなる中で、いかにワンチャンスを得点に結びつけるかがポイントになりますね。
たしか先週末の第一試合の先取点は、3塁盗塁を絡めたノーヒットでの得点だったと記憶しています。
実践した選手も、それを教えた6年生もやったーという気持ちだったと思います。
6年生自身が学んだことを練習でやってみせ、下級生に伝えていく・・。
上小松パンダースの文化として定着できるといいですね。

ボーズ (12/04 00:46) 編集・削除

傍から見れば一見難しそうなプレーを最近よく練習してますが、
上手くやれた時は選手達も嬉しそうにしてますね。
これこそ野球の醍醐味です!

業務連絡です

昨日、子供達には口頭で伝えましたが、6年生の卒団も近づき、以下の様なお楽しみ試合が予定されています。

常日頃から充分気を付けているとは思いますが、病気や怪我で楽しみな試合を欠席なんて事にならない様に、注意してくださいm(_ _)m

11月27日(土) 木根川
上小松ヤングをぶっ潰せ!
vs. 都営ヤングB
vs. 上小松パンダースB
vs. 指導者チーム
3試合を予定

12月4日(土) 奥戸球場
恒例の6年生追い出し試合!
Aチーム vs. 指導者&母チーム
Aチーム vs. Bチーム
2試合を予定

以上、業務連絡でしたm(_ _)m

コメント一覧

ロボコーチ (11/25 09:22) 編集・削除

卒団まで10日あまり。
親善試合は楽しんで思い出を一つ増やして欲しいですね。
指導者も本気(マジ)でやりますよ。
(6年ピッチャーの球を打てるかちょっと不安ですが・・)

ボーズ (11/25 09:41) 編集・削除

私の記憶の限りでは、未だ子供達に負けた事はありませんが、昨年はかなり際どい感じでした。

全然ヨネを打てず、、最後は私が3塁からホームスチールして無理やり勝った様な気が……(^^ゞ

今年も負けられませんね!

今年のドラフト会議

先日行われたドラフト会議、未だ記憶に新しいと思います。

高校生ながらオリックスに2位指名された修徳高校・三ツ俣選手が
葛飾アニマルズの出身なのは、ちょっと有名な話ですが、
千葉ロッテ4位指名の小池選手も実は高砂コンドルの出身です。
(たしかコンドルさんからは二人目のプロ選手…?)

パンダースのある年代の卒団生が「将来の夢」みたいな作文を書いた時に
ほぼ全員がプロ野球選手とかメジャーなんて書いたのを見た事があります。
(6年生にもなって…^o^;)

もしかしたら東大に行くより、現実的に難しいかも知れませんが、
身近な葛飾の学童野球出身のプロ野球選手がいる事を励みに
子供たちにはピュアな夢を持って、野球を続けてもらいたいと思います。

余談ですが、遠く九州の地で活動している私の出身チームからも
久々にプロ野球選手が誕生しました。。

コメント一覧

野球はいいぞー (11/14 20:29) 編集・削除

子供たちの「将来の夢」のお手伝いを少しでもできればいいですね。自分ができなかったピュアな「夢の実現」を子供たちに託し、初心とかわらぬ少年野球を続けて下さい。

somu (11/15 16:49) 編集・削除

コメントありがとうございますm(_ _)m

トリックプレー

有名な新庄選手のトリックプレーです。

相手を騙すちょっとズルいプレーですが、、、

速い球を投げれば良いってもんじゃない…
強い打球を打てば良いってもんじゃない…
難しい打球を飛びついて取れば良いってもんじゃない…

野球の面白さがちょっと分かるプレーです。

業務連絡です

今週は公式戦は組まれませんでした。
が、2日に6年生最後の連盟の大会となるオールスターの抽選に行って参ります!

あくまでも予定ですが、10日(日)球友会秋季A大会1回戦、17日(日)同2回戦の予定です。
オレンジの区大会も来週以降組まれるはずです。

今年の公式戦も残り僅かになりましたが、6年生のみならず全学年とも納会に向けて突っ走りましょう!

夏季区大会

明日は夏季区大会3回戦です。
一回戦が無かったため実感がありませんが、勝てばベスト8となります。

未だ未だな我がチームですし、目立った成績も残せてませんが、最近の試合を見ていると、色々考えて良い野球をやろうと頑張っているのが手に取るように分かります。

もちろん『勝利』という結果を残すのが一番ですが、明日も我々が思わずニヤッとしちゃう様なイカシタ野球をやってくれれば良いと思います。

最近何かと話題の某掲示板にベスト8の予想が書いてありパンダースの名前もありました。
光栄な事ですが、そんなに楽ではないと思っています。
反面、持っている力を出し切ってくれれば明日の勝利どころか優勝も夢ではないと個人的には思っています。

まぁ、まずは明日の試合です。
月並みですが、一試合一試合頑張って、気が付けば結果は付いてきてると思います。。。

偵察、いやいや勉強会

今週土曜日の練習後に、夏季Aチームの子供たちを連れて次戦の相手が決まる試合を見てきます。

偵察が目的ではありませんが、次戦に向けて警戒すべき打者・走者なんかが少しでも分かれば良いかな~と、、

真の目的ですが、、、
この試合のみならず出来ればもっと他チームの試合を見せてあげたいと思っています。

子供達にはとにかく野球を見なさいと言ってますが、プロ野球を見るのと少年野球を見るのとでは、目的が違ってきます。

プロの場合は、プレイ態度は見習うべきではありませんが少しでも技術的に盗めるものがあれば良いし、ルールの勉強にもなります。

少年野球を見る場合には、
・同じ小学生があんなに頑張っている、自分も頑張らないと!
・あの挨拶や声出しはいいな~、真似しよう!
・けん制はあういう風に入った方がアウト取れるかも
とか勉強になったり、逆に
・あのプレイや態度は良くないな、自分も知らずにやってるかも、気を付けよう
とか、同じレベルで見れる事によって練習以外でも上達する事が出来るんじゃないかと思います。

ただ、偵察目的じゃないとなると、本当は午前中に一緒に練習した残りの5年生と4年生も連れて行きたいんですが、指導者が少なく車が足りません…あしからず……

コメント一覧

A監督です (07/02 22:53) 編集・削除

仕事のため車出せない指導者です。
彼らはちゃんと何かを得て来てくれるのかなあ…
オレンジじゃあるまいし、おしゃべりに夢中ってことは、まさかないとは思うけど…

Bチーム球友会決勝進出

皆さまご存知の通り、昨年に引き続き今年もBチーム(4・5年生)が球友会春季大会で決勝戦に進出しました。

8チームで争われる新小岩ローカルの大会、また若干楽な組み合わせではありましたが、過去の成績と照らせ合わせると、順当に決勝戦に進んだ事は評価すべき事だと私は思います。

とは言え、昨年は決勝戦でラビットタイガースAに完敗しました。
今年の決勝の相手はラビットタイガースAとリトルジャイアンツの勝者になりますが、どちらが来ても優勝目指して頑張ってもらいたいです!

とりあえずメダルはもらえますが、やっぱり優勝してナンボです!

ダブルヘッダー

既に連絡網が回っていると思いますが、25日(日)の球友会は第一試合にリーグ戦、第三試合にB大会が組まれました。

連続ではなく、間が一試合空くにしても5年生は短時間で公式戦を2試合とハードなスケジュールになってしまいました。

パンダースからは総監督とボーズの二人が球友会の役員に選出されていますが、その立場を利用して楽な公式戦スケジュールを組むのではなく、球友会の大会運営に積極的に協力すべき立場にあります。
当の選手達は大変だと思いますが、上部大会では1日2試合なんてざらなので、その予行練習のつもりで頑張って欲しいと思います。

先週はAチームのジャビットカップ、球友会春季オレンジとパンダースは連勝しました。

今週末も連勝して美味しいビールを飲ませていただこうと思います!

コメント一覧

猪木 (04/26 23:55) 編集・削除

連勝おめでとう†

次回も期待しています†

区大会1回戦突破

皆さま既にご存じの通り、Aチームが区大会1回戦を突破しました!

連盟のホームページで2003年からの区大会の戦績が確認できるのですが、これによるとパンダースAチームは40戦17勝23敗となっています。

この数字の意味するところが分かるでしょうか??

答えは次回に(大した事じゃありませんが、見事なまでの傾向が見えてきます)

分かったら、コメントに入力してください!

コメント一覧

残念。。。 (04/05 18:24) 編集・削除

2回戦、とても残念でした。まだまだ伸びる選手たちだと思います。これをバネに、次は是非2回戦突破を!!ちなみに答えは、2回戦のカベは厚い、でしょうか。。。

ボーズ (04/05 23:25) 編集・削除

正解です。
正確に言うと2回戦でなく、2戦目の壁ですかね。。

1回戦があれば2回戦、2回戦から登場すれば3回戦で敗退するのが、ここ数年のAチーム区大会のパターンです。

昨日もそうですが、大会中はそんな事は全く気にしてませんが、こうやって結果を見てみると傾向が顕著に見えますし、記憶が蘇ります。。

1回勝って次に負けているが故に、17勝と23敗とほぼ五分な訳ですね。

絶対にこの流れは断ち切ります!すぐに…











ページの上部へ